株式会社マイクロン
 

株式会社マイクロン

 
  製品  
  シリカ製品  
  アルミナ製品  
   
   
  (株)マイクロン沿革  
   
   
   
 
 
球状粒子のパイオニア
     
    当社は世界で初めて、溶射法による真球状の微粒子製造技術を工業的規模で確立することに成功し、シリカ・アルミナ等セラミックス球状微粒子の製造・販売を目的として1985年4月に新日本製鐵(株)〔現、新日鐵住金梶lと播磨耐火煉瓦(株)〔現、黒崎播磨(株)〕の共同出資により新日鐵グループ新素材事業の魁として設立されました。現在の主な需要領域は、半導体封止材用のフィラー(充填材)ですがICの高集積化にともなうパッケージング技術のニーズに即応した製品開発を進め、高い評価を得ております。当社の製品は、充填性・流動性に優れた性能を発揮するため、半導体材料以外にも広範な利用が期待されております。また、ユーザーの海外進出に伴い、海外生産拠点として、マレーシア国ペナン州に現地法人HARIMIC(MALAYSIA)SDN.BHD..を設立し、1998年5月から販売を開始いたしました。